仮性包茎手術は必要ない!包茎男子は注目!

PAK86_uenootoko20141221135107_TP_V

男性ならば一度は頭を悩ませたことがあるであろう「包茎」。

自分は包茎だから自信がない…

そう思い包茎手術とやらを考えたことがある人は多いのではなかろうか。

この際だからハッキリと言わせてもらいます。

【仮性包茎であれば手術は必要ない】と。

たかが仮性包茎の為に、自分のペニスにメスを入れ高いお金を払う必要はない!
と言いたいのです。

もちろん包茎には3種類あることは皆さんも御存知でしょう。

  • 仮性包茎
  • 真性包茎
  • カントン包茎

中には手術が必要な場合もありますが、仮性包茎では必要はないのです。

日本人の包茎割合は70%

見出しの通り、日本人の包茎率は70%前後と言われています。

10人中7人は包茎なんです。

これだから日本人は包茎が多いって言われるんだよ!!

いやいや…
実は世界基準で見ても70%もの人が包茎なんです。

「世界の包茎率は70%」これを見れば日本と海外の人も変わりがないですよね。

日本・世界で見ても70%の人が包茎であり、その内80%の人が仮性包茎であると言われています。

残りの20%が真性包茎・カントン包茎であると…。

つまり、日本だけでなく世界的に見ても亀頭が常に露出(皮が剥けている)している人の方が少数派だということです。

「日本人=ペニスが小さい=皮を被っている」

そうではないということはまず理解しておきましょう。

割礼という風習が日本にはない

割礼という言葉。
あまり聞き慣れない言葉ではあるかもしれません。

聞いたことがある人ももちろんいるでしょう。

割礼とは「アソコの皮の先端を少し切り、亀頭を露出しやすくする手術」のことです。

日本では割礼を行う風習がないので聞き慣れないかもしれませんが、アメリカやイギリスなどの英語圏では生まれたばかりの時に行うことが推奨されているのです。
先進国ではアメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリアだけのようですが…

とは言え先進国でも割礼による処置を行っている人は50%程度だそうです。。

要するに割礼の風習を取り入れていないその他多くの国では、日本と同じように包茎の人がかなり多いと考えてもいいでしょう。

仮性包茎は恥ずかしいことではない

先程も話したように、割礼をしていない国では包茎の人の方が多いです。

なので仮性包茎の人は、問題がない限り深くは考えていない。
そんな人(国)が多いのが実際のところです。

  • 衛生的な部分を考え割礼を導入している先進国
  • 生まれた自然の体にメスを入れる必要はないと考える日本を含めた国々

どちらが間違っている・正しいのかは判断できません。

ですが、皮は本来ペニスを守るために覆っているものですよね?
なので勃起時にしっかりと皮が向け亀頭が露出すれば何一つ問題はないはずです。

皮がしっかりと剥ける仮性包茎は普通であり、恥ずかしく捉える必要はないと思うのですが。

問題なのは性交時や様々な点で問題が生じる真性包茎やカントン包茎です…

そもそも包茎手術は泌尿器科や包茎クリニックで可能なのはご存知ですか?
特に泌尿器科で行う場合のみ「保険を適用」できる可能性があります。

それも保険適用が出来るのは「真性包茎・カントン包茎」のみ。
これは「真性包茎・カントン包茎」が病気とみなされているから。

「包茎手術で保険は下りる!健康保険や生命保険まで知って得する包茎治療術!」
というコラムに説明がされていましたので、詳しい話はそちらに任せるとして…

つまり「仮性包茎は病気ではない」ということですよね。
言い返せば「無理に治療する必要はない」ということになるのでは?

なのに何故、日本では仮性包茎に対して否定的な意見が根付いているのでしょう?

「仮性包茎=ダメ」を浸透させたのはメディアの影響!

基本的に日本は割礼を導入していないにもかかわらず、包茎に対して否定的な意見が多い国。

昔から皮を被っているのは「恥ずかしい」や「一人前の男ではない」なんていう考えがあります。

特になんの根拠もないこの考えですが、昔からそう思われているし自分もそう思っている…
といったところでしょうか。

また、雑誌の最後の方に必ずと言っていいほど記載されている包茎に関しての記事。

「包茎(仮性包茎)は女性に嫌われますよ!!」

などといった記事。
そのようなことを目にしてしまっているので、自然と包茎=恥ずかしいものという認識になってしまっているのです。

包茎=ダサいは高須クリニック院長の影響?

包茎に関して色々と文献を見ているうちに面白い記事を見つけました。

僕が包茎ビジネスをはじめるまでは日本人は包茎に興味がなかった。

僕、ドイツに留学してたこともあってユダヤ人の友人が多いんだけど、
みんな割礼しているのね。ユダヤ教徒もキリスト教徒も。

ってことは、日本人は割礼してないわけだから、

日本人口の半分、5千万人が割礼すれば、これはビッグターゲットになると思ってね。

雑誌の記事で女のコに「包茎の男って不潔で早くてダサい!」「包茎治さなきゃ、私たちは相手にしないよ!」

って言わせて土壌を作ったんですよ。

昭和55年当時、手術代金が15万円でね。

引用:ほんとに切るべき? あなたが知らない包茎手術のこわい裏側。

澁谷知美『平成オトコ塾』にはこのような高須クリニック院長と鈴木おさむさんとの対談文章が記載されているという。

もちろんビジネスとしては素晴らしいし、賢いな~とも感じる。

とは言え、これを真に受けて手術を行った人もたくさんいるだろう。

それまではコンプレックスではなかった物(包茎)を、この一記事でコンプレックスにしてしまうのだからかなりの影響力があったのだろうと思う。

元はといえばこのような事が影響で今の包茎=ダサいという概念が根付いてしまったのかもしれない。。

ハッキリ言って根拠はないし、思い込みとも言えてしまう。

包茎手術はみんなしている!?

昔は手術代金が15万円近くしたようだけど、今では値段もかなり下がってきており、5万円前後で受けることができるクリニックもあるようです。

その影響もあってか包茎手術を行う人は結構いると聞きます。

とあるクリニックの公式データでは包茎に悩んでいる人の7割が包茎手術を行っているのだと言う。

7割!?!?!?

日本人の7割が包茎(仮性・真性・カントン)というのだから、その内の7割の人が包茎手術をしている…

日本人の男性の約半数、2人に1人は包茎手術を行っている計算になる。

そんな馬鹿な!

自分の周りに手術をした人がそんなにいますか?
友達の2人に1人がしていますか?

少なくとも私のまわりではそのような人は聞いたことがありません。

とは言えその数字が確かならば、多くの仮性包茎の人が手術を行っていることになりますよね。
(包茎の人の内8割は仮性包茎で、残りの2割が真性包茎・カントン包茎である)

本来必要のない仮性包茎での手術を行っている人がこんなにも多いことに驚きを隠せません。。

銭湯で包茎の人を見たことある?そう言えば…ない…よね。

男ならこれ結構思ったことあるんじゃないですか?

銭湯に行った時って結構人のアソコ気になりません!?

特に気にしてみていない人も多数でしょうが、言われてみれば銭湯で包茎の人って見たことなくないですか?

それを考えればやっぱり2人に1人は包茎手術しているのかな…なんて思ってしまいます。

では、あえて仮性包茎の人に質問します。

仮性包茎のあなたは銭湯に行った時どうしていますか?

恥ずかしいから行かない…もしかしたらそんな人もいるかもしれませんが、、

代表して仮性包茎の私が答えましょうか。

ズバリ!

【自ら皮をむいて銭湯に入っている】

私も日本で生まれ育ちメディアに踊らされた一人で、やっぱり人前で見せるときは少し仮性包茎に羞恥心を感じてしまいます。

なので銭湯に行くときは、バレないようにササッと皮をむいて堂々と入っています!(笑)

もちろん手術をしようとは一切思いませんが、どうしても見栄を張ってしまいますね。

仮性包茎の人がもし私と同じようなことをしているのであれば、銭湯で包茎の人をあまり見かけないことにも納得できる気がします。

包茎は女性に嫌がられる

包茎に悩んでいる人・手術を考えている人の中には女性に嫌がられるから改善したい!
と考えている人は多いと思います。

雑誌でもしきりに記載されている内容ですよね。

実際に女性は包茎の男性を嫌がっているのでしょうか?

  • 真性包茎・カントン包茎はNG
  • 仮性包茎は問題ない

と応える人が圧倒的に多いでしょう。
もちろん剥けているに越したことはないかもしれませんが。

どうして仮性包茎はOKで真性包茎・カントン包茎が嫌われるのか。

それは衛生的な部分と性交に問題が生まれてしまうからでしょう!

真性・カントンの場合は自分で剥こうとしても剥けないことがあり、その場合はどうしても垢がたまったり臭いがきつくなってしまうのです。

女性の多くは包茎を目の敵にしているのではなく、衛生的に不衛生になりがな包茎を嫌がってるのです。

仮性包茎は手入れをすれば全く問題なし!

真性包茎やカントン包茎の場合は手術をしたほうがいいと言い切れます。

ですが、仮性包茎に関しては自ら向くこともできますし、清潔に保つこともできます。

勃起時はちゃんと亀頭が現れますし、性交にも問題は生じません。

女性が嫌がる清潔さだけを維持できていれば何も悩むことはないのですから!

経験豊富な女性に聞けば、仮性包茎なんて普通じゃない?と言う人も結構いると思いますよ!

手入れの方法はとっても簡単!

  • 毎日お風呂で皮を向いて亀頭をしっかりと洗う
  • 定期的に剥いて空気に触れさせて蒸れを防ぐ

これだけで臭いや垢は防止することができるでしょう。

少数派の常時剥けている人でも手入れを指定なければ不衛生で女性からは嫌がられます。

仮性包茎でも同じことなので、手入れさえ行っていれば何一つ問題はありません。

それでも仮性包茎をばかにするような女性はやめておけばいいです!

まとめ

結局何が言いたいのか?

最初にも言いましたが、

【仮性包茎は手術する必要はない】

それだけです!

日本では仮性包茎=ダメというイメージが強く、仮性包茎で手術をする人が結構いるようです。

ですが、清潔に手入れができる仮性包茎なのに、わざわざ手術を行う必要はないと言いたいのです!

残念ながら真性包茎やカントン包茎の方は手術をしたほうがいい可能性は高いです。

割礼をしていない日本では仮性包茎はむしろ当たり前。

一部の手入れを怠った仮性包茎の男性によって不潔・不衛生などのイメージが先行していますが、本来は全く問題のないものです。

仮性包茎=恥ずかしい=女性に嫌われる!だから手術をしよう!

なんて記事にはだまされないように。

専門医の中には包茎の手術はすべきではない!とも言っている人がいるほどです。

自らの身体にメスを入れることで、性行動に変化を与えてしまう可能性もあります。
実際にそれを裏付ける調査も発表されているようです。

サブコンテンツ