寡黙で頑張り屋さんな”肝臓”にちょっぴり感謝する日を作ろうぜ!

寡黙で頑張り屋さんな”肝臓”にちょっぴり感謝したくなる

肝臓と聞けば「お酒」っていうフレーズが出てくるほど、男にとってチクッとくる臓器の名前ですよね。

「沈黙の臓器」なんて言われて、かっこいい~なんて昔は思っていたけど、今じゃそんな呑気なことを思えるような年齢じゃありませんからね。。。

ということで、肝臓についてちょっと調べてみたので紹介したいと思います。

結論から言うと、「肝臓は大切にしとけ!」ってことです。

肝臓について

冒頭でも言いましたが、肝臓が沈黙の臓器って呼ばれれているのは、ほとんどの人が知っていると思います。

というのも、肝臓って少々なことじゃ根を上げたりしない我慢強い臓器なんです。

それに加えて、「他の臓器よりも反応が鈍い」っていう可愛い天然キャラみたいなタイプ。

医者いわく、「マジで悪くなるまで一切症状が現れない」っていうくらい我慢強らしい。言葉にすると聞こえはいいですが、これが臓器となればリスキーこの上ないんです。

「泣かない子は我慢強い!偉い!」なんて言いますが、”子供が体調が悪くても泣かずに我慢して重症化・・・”なんて、「早く言ってよ~」って親なら思いますよね?

でも、肝臓ってそんな感じなんです。

症状が現れた時には「アウト!」とまでは言いませんが、かなり重症になっていることが多いので、少し過保護になって上げるくらいで丁度いいんです。

肝臓って体のどこにあるの?

肝臓は腹部の右上にあって、肋骨で守らています。

だから、肋を取らない限りは、自分で直接触ることは不可能です。

でも、肝臓が炎症して腫れたりすると、自分で触ることができるみたい。そこまで、晴れたらマジでヤバイってのは察しがつきますね。

ちなみに、肝臓の重さは成人で1200g~1500gらしい。

肝臓の役割って?

肝臓の役割は大きく別けて5つ。

医療的に難しく言っても、わからないと思うので砕けた感じで説明しましょう。

1.栄養を身体に吸収させる役割

肝臓は食べたり、飲んだりして取り込んだ栄養素を身体に吸収しやすいように変えたり、要らないものは消化させたりっていう分別的な役割をしてくれてます。

肝臓が分泌する”胆汁”っていう液体がその役割をしてくているんです。

僕この胆汁を口から出したことありますよ(笑)

二日酔いでゲロりすぎて、吐く物なくなって胆汁をはきました。

黄緑みたいなの吐いたんで、あせって医者の友達に聞いたら「それ、胆汁や!飲み過ぎじゃ、ボケ!」って言われました。

マジでエイリアン色なので、知らずに出すとみんな絶対に焦ると思います。

2.栄養を蓄えておく役割

胆汁で栄養を吸収しやすいように変えたりすると同時に、その栄養素を蓄えておくのも肝臓の役割です。

時が来たら貯金を崩すがのごとく、貯めてた栄養を身体の隅々まで送り出してくれます。

3.毒素を中和する役割

これは普通の大人ならよく知っているでしょうね!

お酒アルコールなんかの毒素を解毒してくれて無害なものに換えてくれる役割です。

4.血液を貯める役割

肝臓は栄養も貯めれば、血液も貯めるという貯蓄家。

全身の血液の1/10は肝臓がストックしているものらしい。

5.血を止める役割

指を切った時なんかに血が出るけど、血が固まってくれて止血されますよね?

その血を固める成分?物質?は肝臓で作られています。

肝臓の病気は大きく別けて2つ

肝臓は我慢強い子だけど、我慢し続けるとやっぱり病気になります。

で、その原因が主に2つ。

  1. 生活習慣が原因のパターン。
  2. 肝炎ウィルスが原因のパターン。

基本的にどちらのパターンでも早期発見なら大丈夫。

肝臓は沈黙の臓器と言われているけど、「不死身の臓器」っていう通名もあるくらい自己再生能力が高いんです。

病気になっても、早めに治療や対策を始めればガンガン回復してくれる頼もしい奴なんです。

肝臓はマジで良い子。こんな良い子を病気になるまでホッとくなんて、僕にはできませんよ。。。

生活習慣が原因の肝臓病

これは言わずと知れた、お酒にまつわる肝臓病ってやつです。

生活習慣。。。つまり、食事、運動、睡眠、お酒などが原因で肝臓が弱ってしまって、病気に至るっていうパターンです。

アルコール性肝障害

お酒のアルコールを分解してくれるのは肝臓の役割。

飲む本人にとったら、気持ちよくなる魔法の飲み物からもしれないが、肝臓からすれば毒素の塊ってわけです。

毒を取り込む量が多かったり、知っ切り無しに肝臓が働いて状況が続くことで、どんどん肝臓はダメージを蓄積してしまうんです。

基本的に肝臓病はステップアップのように悪くなります。

アルコール性感障害の場合は、

【肝臓が弱り始める→肝脂肪→アルコール性肝炎→肝硬変or肝臓がん(※選べないよ!)→お陀仏。】

っていう見事な昇進っぷり。

生活習慣による肝臓病はアルコール性か非アルコール性って言われるくらい、アルコール(お酒)が原因で陥る人がほとんど。

そりゃ、”酒の飲み過ぎ=肝臓が悪い”っていう方程式が日本中に広がりますわ。。。

非アルコール性脂肪肝

アルコールを飲まないのに肝臓病になってしまう場合もあります。

NASH(ナッシュ)って呼ばれていて、ほとんどが肥満が原因で脂肪肝から派生するパターンです。

メタボとか肥満は外の脂肪もさることならが、内臓脂肪も余分についているんです。

ダイエットや減量なんかで改善してやれば、問題はないんですが、太っている人は知らず知らず肝臓も肥満になっている事実を知っておきましょうね。

生活習慣が原因で肝臓病になっても、基本的には生活習慣を改善してやるだけでOKです。

それでも治らない時は薬治療になります。

さっきも言ったように、初期段階なら肝臓はガンガン回復してくれます。だから、肝臓に悪い生活習慣を正すだけでも、全然効果があるんです。

肝臓に優しい生活さえしていれば、肝臓の元気は保もたれるって事なんで予防もかなり簡単ですね。

肝炎ウイルスが原因の肝臓病

これはよく聞くB型肝炎やC型肝炎とかの類です。

ウイルスが原因で肝炎を引き起こして、そこから肝臓病にステップアップって感じ。

肝臓病の最終形態”肝臓がん”の原因のほとんどがB型・C型肝炎からです。

gannzougann

画像引用元:肝炎とは? | 知って、肝炎 -厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動事業-

B型肝炎・C型肝炎だけじゃなく、A型肝炎もあります。それどころか、D型・E型・G型、TT型肝炎っていうのもあります。

あまり聞き慣れないのは、患者数が少ないのと、それほど脅威ではないからってのが大きいみたいですね。

逆によく聞くB型とC型はかなりの強者ってことを意味しています。

B型肝炎

  • B型肝炎のウイルスは感染率が高い。
  • 感染しても、ほとんどの場合は一過性感染で自然に治る。
  • 持続感染した場合は一生治らない。
  • B型肝炎のワクチンはある。

B型肝炎のウイルスは感染率が高くて、HIVやC型肝炎ウイルスよりも強力な感染力を持っています。

血液感染(歯ブラシ、カミソリ、注射器、ピアス、刺青・タトゥー針の使い回し)や性行為で感染する可能性だってあります。

思春期以降にB型肝炎に感染した場合は、免疫力が高いので、ほとんどの人(約90%)が半年以内に自然に治ります。

しかし、母子感染や免疫力が低い年齢で感染してしまうと、ほぼ100%の確率で持続感染になってしまいます。また、大人になって感染しても約10%は持続感染するリスクがある事を覚えておきましょう。

そして、一番やっかいなのは”慢性的なB型肝炎のウイルスは完全に排除はできない。”ってことです。

特効薬がないので、慢性的なB型肝炎になったら最後。一生治りません。

C型肝炎

  • B型肝炎よりは感染率が低い
  • 感染したら高確率で持続感染(慢性化)する。
  • 持続感染しても治る可能性はある。
  • C型肝炎のワクチンはない。

ウイルス系の肝炎の中で、一番死亡リスクが高いのがC型肝炎です。一度、ウイルスに感染すると、高確率(約70%)で持続感染することになります。

B型だと「慢性化するパターンは少ないけど、一生治らない。」っていうリスクでしたが、C型の場合は「慢性化するパターンは多いけど、治る可能性はある。」という”持ちつ持たれつ”の関係。

C型肝炎はインターフェロン治療っていう治療方法で完全にウイルスを根絶させることができます。

しかし、治療自体に相性みたいなものがあって、「効く人には効くけど、効かない人には効かない・・・」という、人よって治る可能性が大きく違ってくるみたいです。

しかも、この治療はめちゃくちゃ副作用が強くて、効果抜群で治った時はいいけど、効き目が薄くて治らなかった場合は、「もう一度、治療を受けるのを恐れる」ほどらしい。

それを聞いただけでも僕は恐ろしい。。。

A型肝炎

  • 感染のほとんどのは飲食から。
  • A型肝炎は感染しても、慢性化することはない。
  • 感染しても2ヶ月~3ヶ月で完治してくれる。
  • 生牡蠣を食べた時に感染したりするこが多い。

D型肝炎

  • 単独で増殖できないほどの雑魚ウイルス
  • 基本的にB型肝炎とセットで感染する。
  • B型肝炎の後にD型肝炎に感染しやすい。

E型肝炎

  • E型肝炎は慢性化はすることはない。
  • E型肝炎に感染しても約1ヶ月で完治する
  • 1,2ヶ月の潜伏期間を経て急性肝炎の症状がでる。
  • A型肝炎と似ているが、A型肝炎よりも重症化しやすい。

A型・D型・E型肝炎はさら~っと流した感じですが、基本的にウイルス性の肝炎になると病院へGOです。

病院で血液検査をすれば一発で判明するみたいですから。

 

サブコンテンツ